定年が近くなってから考える看護師の働き方

 長年働いてきた職場があるというときには、定年が近づいてきても退職の時期になるまで働き続けることが多いでしょう。看護師の場合にも同様であり、同じ職場で働いていれば仕事のリズムを変える必要もなく、新しい能力を身につけなくても支障がないというメリットがあります。漫然と働いていれば定年を迎えることができて、また老後は新しい生活を営めば良いと考えることが可能です。

 しかし、定年が近づいてきた頃でも精神的にはまだ若いという人が多いため、そこからあえて挑戦の道を選ぶことができることも考慮しておきましょう。定年退職をしてしまうと新しいことに挑戦するのも、経験を生かした仕事を行うのも難しくなります。やり残したことがないかと確認する最後の時期になるという視点も持つと良いでしょう。ベテランの看護師になったことで経験を生かして働けるのは特権であり、それまでは難しかった働き方にも挑戦できるようになるでしょう。

 その中でも、契約社員で働く方法は経験が豊富でスキルが多いほど高い待遇で働ける方法です。現場としては必要だから期間を決めて人材を獲得しているというのが常であり、契約を勝ち取れば活躍できる機会は高い確率で与えられるでしょう。これまでの経歴を生かして最後の挑戦をするという意味では契約社員で働くのは魅力的なものです。求人によっては一般的な定年よりも高い年齢であっても応募できるものもあるので、働いてみてやりがいを感じたら継続することもできます。